スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残留子ガメ


残留子ガメの帰海。相良海岸にて。

2010年のウミガメシーズンは終了。

( Special thanks to Kamehameha Kingdom. )


秋めく砂浜 2010.9月

dohriKaigan2010sep.1

アカウミガメの孵化・脱出(砂から這い出ること)、

そして帰海は、今の時期、ピークを迎えている。

だが、「孵化場」という名の収容所に閉じ込められ、

自然なかたちで孵化・脱出・帰海できずに、

生存するのに大切な興奮期を奪われて

「放流ショー」の犠牲になっている
子ガメも、

まだまだたくさんいる。




 

海岸侵食@袋井市

DohriKaigan2010sep.2

湊東あたりの海岸。

このあたりは、侵食が特に顕著にみられる。

天竜川のダムによって、
砂の供給が途絶え、浜はやせ細る
ばかりだ。

スナガニ(砂蟹)

sunagani3

砂浜の小さな穴は、たいていコイツの巣だ。
アクティブな巣もあれば、すでに放棄された巣もある。

スナガニは、たいへんすばしっこく、捕まえるのは難しい。
これは、たまたま足元にいたのを、ひょいと拾えたもの。

かなり小さいが、もっとちっちゃなやつもいる。

甲虫の幼虫か

imomushi

こんなのも砂を這っていたりする。 成虫はどんなだろう。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。