スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミガメ卵の掘り出しが始まった

mejirushi1


遠州灘に海亀の産卵シーズンがやってきた。


この時期になると、砂浜に奇妙な目印が立つようになる。

これは、浜松のある団体が、海亀の卵を掘るための目印である。



夜、暗いうちに母亀が産卵のために上陸する。

早朝、タマゴ目当ての団体の四駆車が砂浜を走り回り、

産卵した跡にこの目印をつけていく。




目印をもとに掘り出された卵は、

浜松・中田島の「孵化場」という場所に移される。



8月はじめころ、

孵化した小亀たちは、

団体の都合で孵化場に閉じ込められ、

生態に反したかたちで、「小亀の放流会」に使用される。



小亀は孵化して砂から出ると、

20数時間の「興奮期」とよばれる、

活発に運動できる時間帯に 海に出る必要があるが、

この孵化場は、小亀が絶対に出られない構造になっている。



この20数時間のタイムリミットをすぎると、

小亀は活気を失い、生存することは難しくなる。



放流会に参加するには、大人も幼児も500円かかる。

約2ヶ月のシーズンで、2~3万人の参加者があるそうだ。

 

 
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。