スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミガメ商売 屋久島でも

あるSNSの「ともさん」の日記を紹介します。

書いた本人が、この事実を多くの人に
知らせてほしい旨を、日記のコメント内で書いているので、
広く知っていただくために、ここに紹介させてもらう次第。

まったく、浜 松といい、屋久島といい、

野生動物を金儲けのタネにしないでもらいたい


(以下、そのままの引用です
 読みやすいように改行をいれました。)

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =


「ウミガメ観察会」


しつこいようですが、もう一度だけ書きます。
(もう書かないと思いますが)

屋久島ではアカウミガメが産卵に訪れ、その数は
日本全体の半分以上を占める。こんな小さな島で。

屋久島ウミガメ連絡協議会なる
任意団体が運営する『ウミガメ観察会」の真実を書く。


1】産卵に上がるウミガメのうち、半数しか実際には
産卵に成功しない。何故ならそこに多くの観光客が押し寄せ、
警戒心の強いウミガメは卵を産むことなく海に再び帰ってしまう。

産卵中のウミガメもベタベタ触られたり、ご法度のフラッシュを
焚いての写真撮影は日常茶飯事。係員すら観光客へのサービスで
産卵中のカメを動かして、産卵の様子を見せようとする。

これはもう『虐待』に近い行為では??
観光客の方にも、自分も意図しなくても
「加害者になっている」 という実態を知ってもらいたい。


2】産んだ卵のうち約半数は孵化できない。
理由の多くは 観光客に砂を踏み固められ、脱出できないのと、
生まれても 深夜歩き回る観光客に一部踏み潰されている。
勿論、自然災害 (台風・大雨などで卵が流出してしまう)も一因。
でもそれは自然のこと。しょうがない。


3】『ウミガメ観察会』は保護活動をしているボランティアではない。
観光客が支払った料金を原資にしてバイト料を貰っている、
れっきとした営利・営業活動である。
活動期間はウミガメ産卵の 2.5ヶ月だけの、季節営業。
短期間に多額のお金を稼いでいる。

その収入が実際のウミガメ保護に使われることは殆どない。
『浄財を寄付』したつもりになっている観光客の方には
申し訳ない事実。


4】保護活動を年間を通して無償で行っているのは「NPO法人屋久島うみがめ館」。
しかし、この特定非営利団体は『ウミガメ観察会』が利益を上げているのに対して
「寄付」「個人のボランティア」で支えられているけれど、なかなか
必要なお金・人員が調達できず、困っている。

実際に保護活動に支障をきたしている。必要な資金・人員をこちらにこそ回すべき。
環境省の責任はないのだろうか??


多くの方が、観察会に参加した後、ウミガメに悪いことをした、
見世物にすべきではないと感じている。
勿論、単純に「感動した」という方もいるだろう。
もうそれは「感性の違い」としか言いようがない。


屋久島の山や森に敬意を払って下さる観光客の方はとても多い。
屋久島は他の観光地と異なるのは、そのお客様たちの意識の高さ。
それは誇っていい。

でも、ことウミガメとなると話しは全く違う。
所詮「たかがウミガメ」、「観光名物」なんだろう。
一番悪いのは『ウミガメ観察会』ではあるけれど、見物気分で
行き、観察会を存続させているのは観光客である。

悲しい。ウミガメはそっとしておいてあげたい。
何とか産卵・孵化シーズンは法的に夜間立ち入り禁止には出来ないものか。


(引用おわり)
 
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =


遠くからですが、

「屋久島ウミガメ連絡協議会」には活動の是正を、

「屋久島うみがめ館」には、さらなるご健闘を祈るばかりです。
 
日本最大=北太平洋地域最大のウミガメ産卵地を守ってください。

 
 


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

屋久島のうみがめ館の活動

屋久島のうみがめの調査のボランティアに参加してきました
実態は、ここに書かれているような美しい保護活動には程遠いものでした

町からの調査委託費、アメリカ米国西部太平洋地域漁業管理評議会から年間2万ドル、その他自然保護に協力しているというイメージアップのための思惑の企業からの寄付
とにかく上陸するカメにタグという番号がついたプラスチックの5mmの穴のピアスのようなものをカメの左後足と右後足につけまくるという作業でした
さらには注射針でICチップをカメの左前足に注射
カメの足から血が出ることを何度も見ました
子カメにもICチップの埋め込みをし続けているそうです

どのカメがいつ上陸したのかを記録し報告書にまとめる
まるでウミガメ館の調査委託を存続するかのためにウミガメを木津つけているようです
ボランティアはただでさえ人が少ないのにウミガメ館のスタッフに酷使され・・・・
カメの産卵中ですらカメの足にタグをバッチンとパンチャー成るもので取り付け、一晩でボランティア1人が40頭のカメに対してそういったことを行い、産んだのか産まなかったのか、もしも海岸沿いに産んだら卵を掘り返し別のところに埋める作業も行います
タグをつけるときにはカメがにらんで痛がっているとしか思えないことも、産卵中のカメにそういったことをせざるを得ず、産卵中に海に帰ってしまったこともありました
産卵後にそういった作業をと思われますが、それでは手足が動いてその作業に危険が伴うのです

3~4年前から上陸数が10000となり、それまでの3~4倍に増えてきました
こんなに増えてきたのに、これまでと同じことをやり続けるのがとても不思議でたまりません
そもそも、うみがめを保護して増やしたかったはずです
これらは鹿児島県の許可がないと夜間浜に出ることも、カメや卵に触ることはできません
カメの観察会は、人数を一日80人と制限し、カメが産卵に入ったところで観光客を浜に入れ、夜も21時から23時しか入りません
どちらも、カメのためだけじゃないことは確かです
もうそっとしておいてあげるのが一番じゃないんでしょうか
NPO法人のウミガメ館がカメだけのために活動しているというのは、誤解です
この法人は地元の住民とずっといさかいが続いており、地元のボランティアがまったく参加しません
地元となかっよく活動できない組織が、自然を守るための人を育てていけるのか、まったくの疑問です

No title

mさん、コメントありがとうございます。

じっさいの活動を見たことがないので、なんともいえませんが、
いくつか問題点があるかもしれない、ということですね。

ボランティア、おつかれさまでした。

No title

私がいたときには、ウミガメ観察会というのは、フラッシュでの撮影やカメをどかすといった行為はありませんでした
というか、観光客にも事前にレクチャーをしたうえで浜に入ってもらっていましたよ

このともさんの時期はウミガメ館がその観察会をしていた時期じゃないでしょうか?
そもそもその観察会はウミガメ館が最初に始めたと聴きました

自然保護というなのウミガメを金儲けの手段にしているのか
観光客に秩序ある見せ方をする観光資源としてのお金儲けなのか

問題は簡単ではありません

ただウミガメの観察会をしなければ、観光客は無秩序に浜に立ち入ってしまいます
参加費も700円なのに、ツアーガイドがからむと一人6000円になるというのはどうしても解せません
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。