スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しすぎる浜松の放流会

fukajou

写真は、放流会に使うために、
「ふ化場」で囲われる、アカウミガメの子ガメたち。

このように子ガメを囲い込み、海に行かせないことが、
子ガメにとってどれだけひどいことなのかを、
放流会に参加する、やさしい人たちは、知らないままでいる。



たぶん、ボランティアの人たちも、
知らされていないのだろう。
純粋な気持ちで「保護活動」を手伝っている人たちは、
主催者のいいように、タダ同然で使われているのだ。


子ガメの「興奮期」
(ふ化して20数時間の、子ガメの生存にとって貴重な時期)
のことを、主催者が知らないはずはない。


知っていて、かつ、参加者(素人)の無知をいいことに、
大規模な放流会(放流イベント=放流ショー)をやっている可能性がある。


きまった砂浜から、きまった時間に
すでに弱った、
たくさんの子ガメを放したらどうなるか。


( 魚 の 餌 付 け になってしまうだろう )


主催者は、「子ガメは、孵化したらすぐに放流会に使っている」
と言っているが、これは明らかにウソである。

少なくとも前の晩に孵化・脱出した子ガメは、
翌日の夕方まで、プラスチックの筒の中で囲われ、
大切なフレンジー(興奮期)のタイムリミットを、浪費させられている。

数日間キープさせられている可能性も高い。


また、主催者は
「放流会は涼しくなった夕方にやっています。」
といっているが、これも だ。

夕方もやっているが、
それは表向きのことで、実際は炎天下の日中にも、やっている。

炎天下の砂浜が、孵化したばかりの子ガメにとって、
どれほど過酷なことなのか、考えているのだろうか。


収益のためには、回数をこなすことも必要なのだろうね。



放流会に関する参考サイト
ELNA
http://www.elna.or.jp/column/no61_70/no68.php

表浜ネットワーク
http://www.omotehama.org/report09/2009/12/post_69.html
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お初です

これを見て、スタッフは残酷と思わないんですかね?
中にはいると思うんだけど「ウチのやり方はおかしい」と感じているスタッフ。

新聞社か、テレビ局に写真を送ったらどうでしょう?なんて思っちゃったり・・・

そうですね

興奮期のことを知らなければ、
元気なカメたちだな...で終わりでしょうね。
知ってしまったら、手伝いなどできないと思います。

マスコミですか。
以前NHK静岡と静岡新聞に訴えたのですが、
まだ返事がありません。

放流会は映像的には絵になり、「わかりやすい」ので
マスコミとしては何も深く考えず報道してきたのでしょう。

放流初参加

東京から夜行バスで、某企業の放流会に先日初参加しました。
参加したのは午前中。熱い砂浜には下ろさないように言われました。
いよいよ、対面の時。。「こどもから、、」という言葉。
え、えーっ。
でも、子ガメちゃん、何とか、回ってきました。
写真タイムの間、日差しに当てるのが可哀想で、私は、日陰にして写真を撮りました。
私の手にしている子ガメは、顔や目が砂だらけ。かわいそうになりました。
私が離した先には砂利が少々。
儀式だ。人間のエゴだと、感じてしまいました。
説明あったけど、こんなんでいいのか。日差しに当たる子ガメをかわいそうに思わない?
みんなは平気なの?


ご報告をありがとうございます

トックンさん、ありがとうございます。

絶滅危惧種の子ガメが、ひどい扱い方を
されているのが、ご理解いただけたと思います。

生態について、この放流会では、
いちばん肝心な点を説明していませんね。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。