スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しすぎる浜松の放流会

fukajou

写真は、放流会に使うために、
「ふ化場」で囲われる、アカウミガメの子ガメたち。

このように子ガメを囲い込み、海に行かせないことが、
子ガメにとってどれだけひどいことなのかを、
放流会に参加する、やさしい人たちは、知らないままでいる。



たぶん、ボランティアの人たちも、
知らされていないのだろう。
純粋な気持ちで「保護活動」を手伝っている人たちは、
主催者のいいように、タダ同然で使われているのだ。


子ガメの「興奮期」
(ふ化して20数時間の、子ガメの生存にとって貴重な時期)
のことを、主催者が知らないはずはない。


知っていて、かつ、参加者(素人)の無知をいいことに、
大規模な放流会(放流イベント=放流ショー)をやっている可能性がある。


きまった砂浜から、きまった時間に
すでに弱った、
たくさんの子ガメを放したらどうなるか。


( 魚 の 餌 付 け になってしまうだろう )


主催者は、「子ガメは、孵化したらすぐに放流会に使っている」
と言っているが、これは明らかにウソである。

少なくとも前の晩に孵化・脱出した子ガメは、
翌日の夕方まで、プラスチックの筒の中で囲われ、
大切なフレンジー(興奮期)のタイムリミットを、浪費させられている。

数日間キープさせられている可能性も高い。


また、主催者は
「放流会は涼しくなった夕方にやっています。」
といっているが、これも だ。

夕方もやっているが、
それは表向きのことで、実際は炎天下の日中にも、やっている。

炎天下の砂浜が、孵化したばかりの子ガメにとって、
どれほど過酷なことなのか、考えているのだろうか。


収益のためには、回数をこなすことも必要なのだろうね。



放流会に関する参考サイト
ELNA
http://www.elna.or.jp/column/no61_70/no68.php

表浜ネットワーク
http://www.omotehama.org/report09/2009/12/post_69.html
 

スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。